Nroom artspace

ギャラリーコンセプト

数理的理論に基づいた科学的な現状把握と先を見据え予測する技術。豊かな感性と無から価値を想像するgift。どちらも人の進化を助け、私たちの発展を促してきた要素です。


現代の教育やビジネスでは、理系文系にtalentが二極化され、人も領域も分割されがちですが、どちらも私たちの日常に同様に存在する現象で、相反するものではありません。

先端技術と感性/芸術的要素を融合させることを目指した活動のいち形態として、IT事業と並行して現代アートギャラリーを運営し、アーテイスト支援を行っております。

展示のお知らせ

二人のためのNocturne 展

田原千帆
吉田奈保子  二人展

 

会期:2023.9.14(木)-2023.9.27(水) *20日は休廊日
開廊時間:13:00-18:00(最終日は17:00まで) 



Nroom artspace
 埼玉県新座市東北2-31-13 ミュージション志木705
*東武東上線「志木駅」南口徒歩1分

map: Google マップで見る
*1Fエントランスのインターフォンから705を呼び出してください

お問い合わせ:[email protected]

ギャラリストからのご挨拶

夏の明るい昼間の日差しと対照的な、秋の夜長の暗闇の時間。昼と夜、陰と陽、ポジティブとネガティブ、喜びと悲しみ、生と死。 

 

人の人生には、元来明るい側面と暗い側面の両方が存在します。ただし後者は世間では、あからさまに表象することはよしとされず、人は出来るだけ明るくポジティブであることが好ましいとされがちです。

 

暗くネガティブな感情は時として行き場を失い、顕在意識として認知されないまま抑え込まれ、潜在の領域に堆積していく。そしてともすれば人の心身を蝕むこともあります。 

 

初秋の少しけだるい時間と繊細な絵画が織り成す空気感は、人を見えない心の鎖から少しだけ解放し、清濁併せ呑むような空間へと導いてくれるかもしれません。

 

解き放たれた多種多様な感覚や感情は浮遊し浄化され、再び私たちの元に戻ってくる頃には、何か穏やかなものだけが残っていることに、ふと気付かされるのでしょうか。
この展示が日常の些末事や困難からの一時の解放や癒しの一助になれば幸いです。

アーティスト紹介

田原千帆

私の作品におけるテーマは、「生きていくということ」である。 

 

生きるということは容易ではない。誰もがいろいろな苦しみや悲しみを持ち、それを乗り越えている。現代社会の生きづらさを感じながらも、その中で力強く生きる「自然」の勇ましさや美しさを通じて、「生きていくということ」を描いている。 

作家略歴

広島県生まれ 

2016年 

・けしき展(gallery cafe月/広島) 

・両洋の若眼展(ギャラリーF/広島) 

 

2018年 

・企画展「日常と非日常/自然/生活/想像/」(広島市立大学芸術資料館) 

 

2020年 

・広島市立大学大学院博士前期課程修了 

・第23回広島市立大学芸術学部卒業・修了制作展 修了模写研究室買上 

・清風会芸術奨励作品展銀賞(社会医療法人清風会五日市病院/広島) 

・第20回芸美会展(福屋八丁堀美術画廊/広島)(以後毎年出品) 

 

2022年 

・第2回関西アートコンペ 

・CROSS OVER Vol.38 in Thailand(Kalwit Studio & Gallery/Thailand) 

・第5回日美展 準大賞、日本テレビ放送網賞(国立新美術館/東京) 

・Flag of the West 2022 広島市立大学芸術学部日本画制作展(GALLERY G/広島) 

 

2023年 

・2023・ZERO展 入選(宝塚市立文化芸術センター) 

・718アートオークションHiroshima VOL.3(ギャラリー718、ナヤキタニ/広島) 

 

現在 広島にて制作 

アーティスト紹介

吉田奈保子

夢をよく見ます。良い夢であったり、よくわからない夢であったり。みた夢はそのほとんどを忘れてしまいます。 

 

 以前は悪夢を主題として描いていたのですが、最近は描画と文字(水性木版)をコラージュした画面つくりで、夢をみているときの現実と非現実の境目がわからなくなる感覚を表現することがテーマになっています。 


 夢は一般的に、記憶を整理するために見るものだと言われているそうですが、多くの研究がされてきているにも関わらずはっきりとした理由は判明していません。その人体の不思議さと、自分にとって睡眠はとても大事なものでもあり、私にとってずっと興味を引くテーマです。 

 私は漢字とひらがなの形が大好きで、フォントや看板の文字、活字に非常に魅力を感じます。日本には古くから「葦手文字」というユニークな表現方法があり、以前から文字を絵画表現に取り入れたいと考えていました 。

描画と文字のcomplication(錯綜)的な表現を続けて参りたいと考えていますので、是非これからの展示も注目していただけると幸いです。 

作家略歴

福岡県生まれ

 

2018年

・「第73回春の院展」初入選 (同’19、’21)

・広島市立大学博士前期課程日本画研究室 修了 

同大学大学院 修了模写研究室買上

 

2019年

・公益財団法人佐藤国際文化育英財団 第29期奨学生

 

2020年 

・「再興第105回日本美術院展」初入選

・第29回奨学生美術展出品(佐藤美術館/東京)

 

2021年

・GALLERY G Gセレクション 吉田奈保子個展「零れおちたそのさきに」(GALLERY G/広島)

・「ー記憶の断片・柔らかな狭間ー 明壁美幸・吉田奈保子二人展」(広島市立大学芸術資料館/広島)

 

2022年 

・三人展「或る物語のエッセイ」(ギャラリー子の星/東京)

・「絡合ーHiroshima City University12ー」(創英ギャラリー/東京)

・Flag of the West 2022 広島市立大学芸術学部日本画制作展(GALLERY G/広島)

 

2023年

・「部屋 an original mind」(Gallery蘇処/神奈川)

 

広島市立大学博士後期課程芸術研究科総合造形芸術専攻 満期退学

現在広島にて制作

ギャラリスト紹介

前原のりこ


アートとAI領域を主に活動を行う。近年は過去の活動とバックグラウンドをベースにした新たなライフワークとして、テクノロジーと芸術の融合を試みている。

略歴
立教大学ドイツ文学科
早稲田大学文学研究科で中世西洋美術史と初期イスラム美術史を専攻
(学芸員資格取得)
立教大学人工知能科学研究科でAIとデータサイエンスを専攻

Nroom artspaceオーナー
Nroom labo株式会社代表
個人としてもデータサイエンス/AI案件中心に参画中